4強見えた!錦織、“完全アウェー”でフェデラーを初ストレー倒/テニス(サンケイスポーツ)

 男子テニス・日東電工ATPファイナル第1日(11日、ロンドン)年間成績上位8人による今季最終戦。シングルスの1次リーグB組で世界ランキング9位の錦織圭(28)=日清食品=は同3位のロジャー・フェデラー(37)=スイス=に7-6、6-3でストレート勝ちし、白星発進した。錦織がフェデラーに勝ったのは、2014年以来で通算3勝目。13日の第2戦で同6位のケビン・アンダーソン(32)=南アフリカ=と対戦する。

 目を見開き、雄たけびを上げた。錦織の全身に気迫がみなぎる。第1セットを先取。続く第2セットは2度ブレークもあり、マッチポイントを迎えた。フェデラーのフォアが外れると、アリーナが大歓声に包まれた。

 「勝てない相手とは思っていない。彼もベストではなかった。(1セット目の)タイブレークを取れたこと、少ないチャンスの2セット目も取れたことが大きかった」

 これまで何度も跳ね返された大きな壁。前週のマスターズ・パリ大会を含め最近2カ月で2度負けていた。フェデラーからの白星は2014年3月のマイアミ・オープン以来4年8カ月ぶり。連敗を6で食い止めた。

 37歳の元世界ランク1位はツアー勝利数で通算100勝に王手をかけていた。選手入場では歓声の大きさが計測される演出があり、錦織の98デシベルを上回る103デシベルを表示した。客席に詰め掛けたファンはフェデラーの好ショットに沸き返る。錦織にとって、さながら“完全アウェー”の状況。しかし、そこに生まれた相手の隙を日本のエースは見逃さなかった。

 第1セット、5-6で迎えた第12ゲーム。粘り強く拾う錦織にフェデラーのいらだちは頂点へ。ボールを観客席に打ち込み、主審から警告を受けた。珍しく取り乱す元王者。周囲の過剰な期待が精密ショットを微妙に狂わせた。その様子をネット越しに観察していた錦織。6-6のタイブレークで先に1点を取られるも、強気なフォアで6連続得点と巻き返した。

 ハードコートの感触をつかめず、最後までリズムに乗れなかったフェデラー。錦織は第2セットも2-2から3ゲームを連取して1時間27分で決着。初めてストレートで倒し、通算3勝7敗とした。

 昨年8月に右手首を故障し、今年1月に実戦復帰。4月に世界ランクが39位まで落ちたがシーズン後半に復調した。故障で欠場した選手が出たため、繰り上がりで2年ぶりのファイナル出場。敗れたフェデラーが「彼は(ツアーの)下部大会から再出発してここまで来た。それは尊敬に値する」と素直にたたえるほどのV字回復だ。

 「自分がベストでなくても勝てたというのは大きなこと」

 波に乗った錦織は、13日にアンダーソンと激突。過去5勝3敗と相性はいいが、今年だけをみれば1勝2敗で油断は禁物。同組のもう1人、ティエム(オーストリア)とは過去3勝1敗だ。シーズンを締めくくる世界最高峰の舞台で大暴れする。


Source:

西武、雄星のポスティング申請は今月下旬以降に(サンケイスポーツ)

 西武の飯田光男球団常務取締役は12日、米大リーグに挑戦する菊池雄星投手(27)のポスティングシステムを利用するための日本野球機構(NPB)への申請が、11月下旬以降になる見通しを示した。「球団行事があるので、その時に本人の意向を聞いてから」などと説明した。

 菊池は現在、代理人のボラス氏とのミーティングのため、米国滞在中。23日に埼玉・所沢市で行われる優勝パレードとファン感謝イベントに出席予定で、その際に申請時期を決める。

 11月1日に始まった申請期間は12月5日が期限。ただ、このオフのFA選手は2015年サイ・ヤング賞(最優秀投手賞)のダラス・カイケル投手(30)=アストロズからFA=や、今季17勝のJ・A・ハップ投手(36)=ヤンキースからFA=ら先発左腕が豊富。菊池は“第2グループ”とみられており、時期を急ぐことなく申請する。

【関連記事】


Source:

エンゼルス大谷、日本人4人目の新人王なるか…12日発表(スポーツ報知)

 エンゼルスの大谷翔平(24)が最終候補3人に残っているア・リーグの最優秀新人(新人王)は、12日東部時間午後6時48分(日本時間13日午前8時48分)に発表される。受賞すれば、日本選手では1995年の野茂(ドジャース)2000年の佐々木、01年のイチロー(ともにマリナーズ)以来、17年ぶり4人目となる。

 新人王は全米野球記者協会会員の投票で決まる。アはほかにヤンキースの両内野手アンドゥハー、トーレスが候補。大谷は同一シーズンでメジャー史上初の「10試合登板、20本塁打、10盗塁」を記録した。既に締め切られた投票では、二刀流の希少性がどこまで評価されたかが焦点となる。

【関連記事】


Source:

錦織圭「内容良くなかったけど勝てたことは自信に」全勝Vなら賞金3億円に(スポーツ報知)

◆日東電工ATPファイナル第1日(12日・ロンドンO2アリーナ) ▽1次リーグB組錦織圭2(7―6、6―3)0R・フェデラー

 【11日=大和田佳世】世界ランク9位の錦織圭(28)=日清食品=が同3位で6連敗中のロジャー・フェデラー(37)=スイス=から4年8か月ぶりの勝利を挙げた。1次リーグ(L)B組初戦で対戦。互いにミスが多い難しい展開で第1セットをタイブレイクで6ポイント連取で先取。第2サーブの工夫と、ピンチを招く前に立て直す危機回避能力で難敵に競り勝った。日本時間13日午後11時以降開始の第2戦でケビン・アンダーソン(32)=南アフリカ=と対戦する。

 ◆圭に聞く

 ―試合を振り返って。

 「まずは1試合目を勝てたことは大きい。両方とも、特に1セット目は良くなかったですし、ほとんどミスしていたので、なかなかリズムをつかみづらかった。内容は正直それほど良くなかったですけど勝てたことは自信になる」

 ―第2サーブを深く入れたり、バックの高い所を狙う意図は。

 「(サーブが)深くいったのはたまたま。リターンをどうにかしないと、というのはキーにしていた」

 ―第1セット、互いにミスが多かったのは。

 「自分は1試合目だったということもありますし、パリの後に休みをとったのもあってリズムが若干抜けていた。(今回の使用)ボールは飛んじゃったり重かったりするのであんまり好きじゃない」

 ◆ATPツアー・ファイナル

 ▼出場資格 1月からのツアー成績上位8人のみ。4人が2組に分かれてリーグ戦を行い、各組上位2人が準決勝に進む。錦織は9番手だったが、ナダルとデルポトロの上位2人が負傷欠場で繰り上がり。

 ▼高額賞金 出場するだけで20万3000ドル(約2200万円)が支給される。1次Lの1勝でも20万3000ドル。シングルスで全勝優勝なら271万2000ドル(約3億円)が手に入る。

 ▼超VIP待遇 ロンドン市内の5つ星ホテルのスイートルームに宿泊。試合会場や練習場へは、運転手つきのベンツで移動する。テムズ川の移動も、専用の船で行う。会場には専用のロッカー室があり、選手の名前入りのタオル、ひげそり用ワックスなどが完備されている。

 ▼錦織の成績 最高は14、16年の4強。1次Lは14年2勝1敗、15年1勝2敗、16年1勝2敗。


Source:

錦織圭、4年8か月ぶりフェデラー撃破の理由は「読み」と「強打」(スポーツ報知)

◆日東電工ATPファイナル第1日(12日・ロンドンO2アリーナ) ▽1次リーグB組錦織圭2(7―6、6―3)0R・フェデラー

 【11日=大和田佳世】世界ランク9位の錦織圭(28)=日清食品=が同3位で6連敗中のロジャー・フェデラー(37)=スイス=から4年8か月ぶりの勝利を挙げた。1次リーグ(L)B組初戦で対戦。互いにミスが多い難しい展開で第1セットをタイブレイクで6ポイント連取で先取。第2サーブの工夫と、ピンチを招く前に立て直す危機回避能力で難敵に競り勝った。日本時間13日午後11時以降開始の第2戦でケビン・アンダーソン(32)=南アフリカ=と対戦する。

 2年ぶりの大舞台で錦織が大きな1勝を手にした。ここまで4年8か月、6連敗していたフェデラーをストレートで破った。互いにミスが多く好ラリーの応酬とはいかなかった。それでも落ち着いた表情で、何度も繰り返した「勝てたことは大きい」という言葉に全てが詰まっていた。

 勝因は戦略の変更にある。マスターズ大会の上海、パリと2試合続けて完敗。「何かを変えなくては」と第2サーブを変えた。主に使うのはスピンをかけ中央へ入れるイン率を重視したものだが、サイドライン際の深い位置にも打ち込み狙いを散らした。第1セットは第1サーブが47%と苦戦しながら第2サーブ得点率71%でカバーした。

 勝負所のしぶとさも光った。第1セット5―6の第12ゲームは自らのミスで0―30になったが、バックハンドの強打で流れが傾くのを阻止。15―30で強烈なリターンをネット前でギリギリ拾い、ライン上に落ちるラッキーも味方につけた。第2セット1―1の第3ゲームもダブルフォルトが出て15―30に。クロスに対するアウト判定にチャレンジ(映像判定を求めること)し、覆した。ジュースにはなったがキープに成功した。

 ラリーでもバックハンドの高い位置を狙いミスを誘い、勝利が見えても集中力を保った。勝ちを意識しすぎて力を発揮できないような場面は全くなかった。試合後は「あんまり明かせることない。彼がベストの時でも使える戦術、しっくりきたところはあった」と話すほど手応えがあった。

 37歳にして今季は全豪オープンを制し世界ランク1位にも返り咲いたレジェンドへの尊敬はある。「テニスが誰よりも見ていて面白い。それは今でも変わらない」。その一方でネットを挟めば敵になる。「アイドルとだけ見ていたフェデラーとは違う。勝てない相手じゃない」と闘志をたぎらせた。だからこそミスを連発し本調子ではない状態を前にして「勝たなきゃいけない試合」と言い切った。

 入場時に歓声の大きさを測る演出では、錦織98デシベル、フェデラー103デシベル。それでも価値ある1勝を挙げた。過去4大会で初戦勝利の14、16年はいずれも4強入りしている。自信を胸に勝てば1次L突破の可能性もある第2戦に臨む。

 ◆1次Lの順位 各組上位2人が準決勝に進む。順位は勝利数が多い順(同じ場合は出場試合数が多い方が上)で決まる。勝利数で2人が並ぶ場合は直接対決の結果、3人が並んだ場合は〈1〉出場試合数〈2〉セット取得率〈3〉ゲーム取得率〈4〉世界ランキングの順で順位を決める。現在1勝0敗でB組首位タイの錦織は、次戦で《1》アンダーソンに勝ち、フェデラーがティエムに勝つ。《2》アンダーソンにストレート勝ちし、ティエムがフェデラーにフルセット勝ちする、のどちらかで準決勝進出が決まる。

【関連記事】


Source:

鹿島ACL優勝 サポーター喜び爆発 笑顔で帰国選手出迎え(茨城新聞クロスアイ)

「おめでとう」「感動をありがとう」-。サッカーの鹿島アントラーズが、アジア・チャンピオンズリーグ(ACL)決勝を制し初のアジア頂点に登り詰めた。敵地テヘランの競技場であった第2戦は10日(日本時間11日)、公式入場者数10万人というアウェーの中、サポーター約250人が選手を後押し。遠く離れた鹿嶋市ではパブリックビューイング(PV)に約1600人が集まった。試合終了のホイッスルが鳴ると、サポーターらは喜びを爆発させた。12日午後には、選手らが帰国。成田空港で待ち構えたファンが笑顔で出迎えた。

同空港旅客ターミナルには大勢のファンが集まった。選手らが到着ロビーに顔を見せると、「ありがとう」などと歓声が上がり、選手たちは疲れた表情が一瞬ほころび、笑顔で手を振って応えた。

同空港に東京都江東区から駆け付けた木田友里さん(30)は「とにかくうれしい。みんなで取ったタイトル」と涙を浮かべた。息子の正陽君(5)はGK権純泰(クォンスンテ)のファンで「シュートをいっぱい止めてすごかった」と目を輝かせた。つくば市の江尻まりやさん(30)は「本当にお疲れさま」とねぎらった。

現地で声をからしたサポーターも選手と共に帰国。応援を仕切った神栖市の栗原直也さん(25)は「雰囲気にのまれることなく、サポーターも選手と同様に自信を持ってやれた」と胸を張った。大旗での応援が禁止される中、埼玉県戸田市の石橋力さん(34)は「気持ちの部分で負けないよう全力で応援した」と振り返った。埼玉県ふじみ野市の野溝英範さん(28)も「行きたくてもいけない人がいる中、立ち会えたのは光栄」と喜んだ。埼玉県志木市、大学生、岩崎朱里さん(19)は「みんなで一つの結果を目指してやってきた。言葉にならない」と目を潤ませた。

鹿島は12月にアラブ首長国連邦(UAE)で開催されるクラブワールドカップに出場する。今回、決勝を見たサポーターたちのほとんどがUAEに向かう予定という。岩崎さんは「選手たちはもう次を見ている。平成の最後に全員で世界一のカップを獲りに行きたい」と意気込んだ。

■20冠目うれしい

錦織孝一鹿嶋市長(アントラーズ・ホームタウン協議会長) ACL優勝、誠におめでとうございます。悲願のタイトルが記念すべき20冠目となったことを大変うれしく思います。今後もホームタウン5市並びに県は一丸でバックアップします。

茨城新聞社

【関連記事】


Source:

鹿島ACL優勝 肩を組み勝利の歌 鹿嶋でPV(茨城新聞クロスアイ)

「最高にうれしい」「やっと勝ち取った」-。アントラーズ・ホームタウン協議会が主催するPVが11日、市立カシマスポーツセンター(同市神向寺)で開かれた。ユニホーム姿のサポーター約1600人が集まり、メインアリーナの大型スクリーンを通して声援を送り、悲願達成に歓喜した。

前半は互いに無得点。引き分けでも優勝できるが、常陸大宮市の若林加奈さん(30)は「誰でもいいので点を取り、勝って優勝を決めて」と祈るように見詰めた。後半も0-0のまま、いよいよロスタイム。サポーターは総立ちで声をからした。優勝が決まった瞬間、両手を挙げて喜び、肩を組んで勝利の歌声を響かせた。

ACL優勝は通算タイトル20個目。大旗を振り応援を盛り上げた守谷市の栗原勇翔さん(20)は「選手、スタッフ、サポーターみんなで勝ち取った20冠」と興奮気味に話した。サポーターと一緒に優勝を見届けた鹿島FCの関口一行取締役総務部長は「サポーターの熱気が800キロ離れたテヘランに届いた」と感謝した。(藤崎徹)

茨城新聞社

【関連記事】


Source:

全国高校サッカー県大会 鹿島学園、明秀日立 決勝へ(茨城新聞クロスアイ)

サッカーの第97回全国高校選手権県大会第6日は11日、カシマスタジアムで準決勝2試合が行われ、鹿島学園と明秀日立が決勝進出を決めた。

鹿島学園は2-1で古河一を退け、明秀日立は水戸啓明にPK戦の末、競り勝った。鹿島学園は2年ぶり、明秀日立は4年連続の決勝進出。

最終日は18日、同スタジアムで決勝を行う。キックオフは午後1時。

▽準決勝=40分ハーフ
明秀日立 1-1 水戸啓明
1-0
0-1
延長
0-0
0-0
(PK4-1)

▽得点者
【明】津村(前28分)
【水】八木(後14分)

鹿島学園 2-1 古河一
2-0
0-1

▽得点者
【鹿】仲佐(前16分)金原(前20分)
【古】高島(後33分)

茨城新聞社

【関連記事】


Source:

父は元甲子園スター!筑陽学園・福岡が親子で描く夢(日刊スポーツ)

端正なマスクが思わずほころんだ。

第49回明治神宮野球大会・準々決勝で、筑陽学園(福岡)が桐蔭学園(神奈川)に10-1(7回コールド)で勝ち好発進した。6番ライトの福岡大真(たいしん・2年)が4打数3安打の大活躍。「低めのスライダーを狙ったらたまたま入りました」と自身5本目のアーチも打ち、堂々の“全国デビュー”を飾った。

DNAの力もあるだろう。大真選手の父真一郎さん(42)は、94年夏の甲子園で準優勝した樟南(鹿児島)のエース。バッテリーを組む田村恵捕手(42・広島スカウト)と2年生バッテリーで話題になり、甘いマスクで女性から絶大な人気を集めた。高校卒業後、九産大-プリンスホテルで野球を続けたがケガに泣かされ「自分のような選手を減らしたい、救いたい」との思いでトレーナーへの道を選択。加圧トレーニングの資格を取得し、7年ほど前から筑陽学園ほか福岡県内チームのサポートをしている。

父は自分のことをめったに話さない。しかし大真選手は、関係者や報道陣から父の活躍や、当時の人気を聞くたびに尊敬の念が増していた。小4で野球を始め、甲子園に行くことの難しさを知っている。それだけに「4回も甲子園に行ってるオヤジ、すげえ、です!」。同じ野球人として心から憧れている。

■本来は3番を打つ選手。DNA? 本人もソノ気になっています

秋の九州大会では「持ってる」活躍を見せ続けてきた大真選手。

延長13回タイブレークとなった準々決勝・興南戦では、自分の打った一塁へのゴロが一塁手から本塁への暴投となり、サヨナラ勝ち。準決勝・大分戦では延長12回に右越えソロを放ってダメ押し。決勝・明豊戦は8回2死三塁から左前へ同点打を放って、初の九州王者へと導いた。

江口祐司監督(56)は大真選手の強運について「記者のみなさんがDNA、DNAって言って下さるので、本人がソノ気になっています」と上機嫌。「本来は3番を打てる選手ですが、福岡が6番にいることで打線に厚みが出て、いい結果につながっている」と高い評価を口にしている。いまやチームに欠かせない強打者だ。

父の福岡さんは、小柄ながらキレのあるスライダーとマウンド度胸で相手を凌駕する名投手だった。そして、野球雑誌の人気投票では不動の1位を獲り続ける「甲子園スター」でもあった。記者がその福岡さんと再会したのが2017年秋の北九州市民球場。1年生ながら、息子の大真が背番号19でメンバー入りしたと教えてくれた。「親子鷹」として記事にしようとしたが「ダメ。まだ何もやってないのに載せるのはおかしいでしょ」と言われ、そのまま保留に。メディアに持ち上げられることの怖さを知っている福岡さんは、慎重な姿勢を崩さなかった。

 あれから1年。背番号9でメンバー入りした息子の活躍を、スタンドから嬉しそうに眺める福岡さんの姿があった。「自分が試合で投げるよりも、息子の試合を見てるほうがドキドキするね~」と大きな目を輝かせていた。活躍を伝える記事は快諾。日替わりヒーローで勝ち進むチームを、頼もしそうに見つめていた。

寮生ではない大真選手は朝6時に家を出て、毎日の朝練に参加。食事と筋力トレーニングで体重を10キロ増やした努力家だ。江口監督から「周囲への感謝」を学び、一塁手の弥富紘介選手(2年)とともにトイレ掃除を率先して行っている。そういった謙虚な姿勢も、秋の活躍につながっているのだろう。

「持ってる? いえいえ、みんなのお陰です」と謙遜しながらも「肩甲骨の柔らかさは父譲りだって言われてます」と、父との共通点を嬉しそうに話す大真選手。「こんなに大勢の観客がいる前でプレーしたのは初めてだったので、楽しめました。緊張? それはなかったです」と白い歯を見せた。この強心臓も父譲りに違いない。

甲子園ファンを魅了した福岡真一郎さんと、父が果たせなかった「日本一」に挑む息子・大真選手。心を熱くさせる親子の物語がこの秋、静かに始まった。【樫本ゆき】


Source:

広島がい旋 マエケンが赤いネクタイに込めた思い(スポーツ報知)

 顔が判別できないほど離れた場所からでも、胸元の赤色は際だって映った。MLB選抜のドジャース・前田健太投手(30)が12日、広島市内の平和記念公園で原爆死没者慰霊碑に献花を行った。この日締めていたのは赤いネクタイ。言葉を発しなくても、広島への強い思いを感じた。

 広島在籍時代は原爆が投下された8月6日前後に必ず訪れ、手を合わせていた場所。少し寒い曇り空の下、チームメートや家族と慰霊碑に近づいてくるにつれて、「ひょっとして?」の気持ちは確信に変わった。黒いスーツの胸元にのぞいていたのは、2016年1月にマツダで行われた退団会見で締めていたネクタイ。11年からの5年間を担当した経験から、あくまで推測に過ぎないが、何ごとにも意味を込める人間だ。「カープの赤です。今日は赤のネクタイと決めていた。赤色はすごく大事と思っている」。あの時もこう口にしていた。

 海を渡って3年が過ぎても、心はいつも広島に寄り添っている。退団後の古巣の3連覇には刺激を受け続けてきた。7月には西日本豪雨が襲った。「野球選手として一生懸命野球をやることも大切ですし、支援できることがあれば協力することも大切」とかつて約束したように、被害に心を痛め、義援金を贈った。

 マツダでマークした通算45勝は今なお歴代トップのまま。「9年間プレーして、僕にとってすごく大切な街。この場所でプレーできるのは僕にとって誇りですし、MLB代表チームとして、日本人を代表して、野球ができる喜び、感謝の気持ちを持って、広島のこの場所がとても大切なんだということを日本にもアメリカにも野球を通じて発信できればと思います」。13日午後6時30分。胸いっぱいの思いを抱え、1133日ぶりにかつての本拠地のマウンドに上がる。(11~16年前田担当・田島 正登)

【関連記事】


Source: