山中、日本代表初招集に笑顔(サンケイスポーツ)

 サッカー・日本代表合宿(12日、大分市内)初招集のDF山中は同じ2016年リオデジャネイロ五輪世代のメンバーに「話すことも多いので、かなり溶け込みやすいですね」と笑顔。DF長友(ガラタサライ)が肺気胸というアクシデントに見舞われたこともあり、巡ってきたチャンス。左足の正確なキックが武器の25歳は「目に見える結果を残して生き残れるようにしたい」と意欲満々だった。

【関連記事】


Source:

森保監督が気合「勝ちにこだわる」(サンケイスポーツ)

11/13(火) 9:39配信

サンケイスポーツ

 サッカー・日本代表合宿(12日、大分市内)合宿は雨中のスタートとなった。森保一監督(50)は「(来年1月の)アジア杯に向け勝ちにこだわる」と年内最後の活動に意気込みを語った。「大分は好き。なじみの深いところ」と明かす。J1広島の監督時代に合宿地として、たびたび訪れた。また2003年、現役最後のシーズンになった仙台でJ2降格が決まった会場も大分だったという。思い出の地で、監督就任からの連勝を伸ばす。

【関連記事】


Source:

鹿島、テヘランから帰国(サンケイスポーツ)

 アジア・チャンピオンズリーグ初優勝を遂げたJ1鹿島が12日、テヘランからドバイ経由の航空機で帰国した。日本代表に初選出されたFW鈴木は決勝で右足首を負傷。しっかりした足取りで到着ロビーに姿を見せたが、代表合宿に向けて「何とも言えない。検査の結果を受けてからでないと分からない」。検査は13日に行われる予定。

【関連記事】


Source:

リクエスト制度 12球団、審判からは「やって良かった」の声(スポニチアネックス)

 理事会・実行委員会が都内で行われ、今季から導入された「リクエスト制度」についての検証、報告が行われた。

 12球団、審判からは「やって良かった」と評価する声が多かった一方、来季に向けて改善点などをリプレー検証検討委員会で議論していくことになった。今季は2回だったリクエストの回数や審判控室のモニターなどの設備面、リプレー検証の対象外だったプレーの扱いなどを検討していく。

【関連記事】


Source:

マエケン広島で「この場所の大切さ発信したい」(日刊スポーツ)

ドジャース前田健太投手(30)が、凱旋(がいせん)登板に広島への思いを込める。今日13日の「2018 日米野球」第4戦(マツダスタジアム)に先発。12日、MLB選抜の仲間と平和記念公園を訪れて原爆慰霊碑に献花し、原爆資料館も見学した。

【写真】MLBチームに合流した前田健太と談笑する稲葉篤紀監督

「広島は9年間プレーした、自分にとっても大切な町。MLB代表として、日本人として、ここでプレーできる喜びを持って、この場所の大切さを日本にも米国にも発信したい」と表情を引き締めた。マツダスタジアム開催こそ、前田が参加を決めた大きな要素だった。赤ヘルの元エースは「久しぶりにマツダのマウンドに上がれる。ファンに喜んでもらえる投球をしたい」と約束した。

【関連記事】


Source:

ドジャース柳賢振のみQOに受諾(共同通信)

 【ニューヨーク共同】米大リーグは12日、フリーエージェント(FA)選手と今季所属球団が規定額で1年契約を結べる「クオリファイング・オファー(QO)」の回答期限を迎え、韓国出身のドジャースの先発左腕、柳賢振のみが受諾した。

 ナショナルズからQOを受けていた2015年ナ・リーグ最優秀選手の外野手ハーパーや、同年のサイ・ヤング賞(最優秀投手賞)左腕でアストロズから申し出があったカイケルら残り6選手は拒否し、今季所属球団を含めた全チームと交渉が可能になる。

 QOは年俸1790万ドル(約20億4千万円)で、FA選手が今季所属球団と1年契約を結べる制度。

【関連記事】


Source:

松坂大輔が受賞のカムバック賞、セパで大きく違い? セ35人目、パは17年間なし(Full-Count)

1974年に制定されたカムバック賞

 日本プロ野球機構(NPB)は12日、2018年度のコミッショナー特別表彰とセ・パ両リーグの連盟特別表彰の受賞者を発表した。セ・リーグの連盟特別表彰では、中日の松坂大輔投手がカムバック賞を受賞。昨季の岩瀬仁紀投手に続き、2年連続で中日勢がカムバック賞に選ばれた。

【最新版】各球団発表、2018-2019年の引退、戦力外、自由契約一覧

 昨季限りで3年間在籍したソフトバンクを退団。右肩故障などに苦しみ、わずか1軍登板1試合に終わり、数多くの批判にも晒された。オフに中日の入団テストを受けて合格すると、中10日以上の十分な間隔を空けながら、先発陣の一角として11試合に登板した。4月30日のDeNA戦(ナゴヤD)で日本球界復帰後初白星をマークすると、そこから白星を重ね、チームで2番目の勝利数となる6勝を挙げた。

 カムバック賞は怪我や病気、長期の不調などから復活した選手に贈られる賞で、NPBでは1974年に制定された。これまで松坂を含めてセ・リーグで35人が選出される一方で、パ・リーグでは2001年の盛田幸妃投手(近鉄)以来、17年間選出されておらず、計6人しか選ばれていない。

 歴代受賞者は以下のようになっている。(表示のない年は該当者なし)

【セ・リーグ】
1974 石岡康三(ヤクルト)
1975 安仁屋宗八(阪神)
1976 船田和英(ヤクルト)
1977 浅野啓司(巨人)
1978 野村収(大洋)
1979 三村敏之(広島)
1980 谷沢健一(中日)
1981 藤田平(阪神)
1984 鈴木孝政(中日)
1986 津田恒実(広島)
1987 杉浦享(ヤクルト) 新浦寿夫(大洋)
1988 有田修三(巨人)
1989 西本聖(中日) 中尾孝義(巨人)
1990 吉村禎章(巨人) 遠藤一彦(大洋)
1992 伊東昭光(ヤクルト)
1993 川崎憲次郎(ヤクルト)
1994 彦野利勝(中日)
1996 加藤伸一(広島)
1997 伊藤智仁(ヤクルト)
1998 斎藤隆(横浜)
1999 遠山奨志(阪神)
2000 種田仁(中日)
2001 成本年秀(阪神)
2002 前田智徳(広島)
2003 平井正史(中日)鈴木健(ヤクルト)
2004 小久保裕紀(巨人)
2008 平野恵一(阪神)
2012 大竹寛(広島)
2015 館山昌平(ヤクルト)
2017 岩瀬仁紀(中日)
2018 松坂大輔(中日)

【パ・リーグ】
1980 門田博光(南海)
1985 村田兆治(ロッテ)
1991 小野和義(近鉄)白井一幸(日本ハム)
1998 西村龍次(ダイエー)
2001 盛田幸妃(近鉄)

Full-Count編集部

【関連記事】


Source:

25年間のプロ生活に終止符…相模原、川口能活の引退会見をライブ配信へ(ゲキサカ)

 SC相模原は12日、14日に行われる元日本代表GK川口能活(43)の現役引退記者会見をクラブオフィシャルフェイスブックとインスタグラムで独占ライブはインすることを発表した。配信は午後3時ごろから行われる。

 横浜F・マリノスやジュビロ磐田、FC岐阜などでプレーし、日本代表として4度のワールドカップを経験した川口は、今月4日に今季限りでの現役引退を発表。25年間のプロ生活に終止符を打つことを決断した。

 なお、会見後は川口からファンに向けたコメントも配信する予定だという。

▼配信時間
11月14日(水) 15:00頃~

▼配信場所
・SC相模原オフィシャルフェイスブック
https://www.facebook.com/scsagamihara
・SC相模原オフィシャルインスタグラム
https://www.instagram.com/s.c.sagamihara_players/

【関連記事】


Source:

300万円から9000万円へ 黄アルムを上向かせたパター(ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO))

大会名:伊藤園レディスゴルフトーナメント
日時:2018年11月9日(金)~11日(日)
開催コース:グレートアイランド倶楽部(千葉県)
優勝者:黄アルム

【画像】これがオデッセイの新作パターだ!

1打差の2位で出た黄アルム(韓国)が通算13アンダーとし逆転優勝した。3つすべてのパー5でバーディを奪った。終盤16番で3mのチャンスを決めて永井花奈、アン・ソンジュ(韓国)を1打差で振り切った。

クラブは3年前からオノフの提供を受け、今季3勝は同じ14本を使う。用具担当者によればシーズン途中にクラブを変更することは基本的にないが、パターに悩んだ6月に10年以上愛用した2ボールのマレット型から、センターシャフトでピン型の「オデッセイ オー・ワークス パター #1W CS」に替えた。

「6月のヨネックスレディス前までは賞金を300万円ほどしか稼げていなかったと思う。パットの感覚がいまは良くなった。あと、1勝できてシードを気にしなくなったのもすごく大きい」。8968万円余りとした賞金ランキングは6位につけ、「いまはスコアが出なくても不安になることはない。先日、両親にプレゼントを贈ったらお父さんが嬉しくて泣きそうでした」と充実のシーズンを送っている。

<最終日の使用ギア一覧>
ドライバー:グローブライド オノフ ドライバー 黒(10度)
シャフト:藤倉ゴム工業 スピーダー569 エボリューション 4(45.5インチ、硬さSR)
フェアウェイウッド:グローブライド オノフ フェアウェイアームズ KURO(3番15度、5番18度)
ユーティリティ:グローブライド オノフ フェアウェイウィングス KURO(3番21度)
アイアン:グローブライド オノフ フォージドアイアン KURO(5番~PW)
ウェッジ:グローブライド オノフ フォージドウェッジ(48度)、タイトリスト ボーケイデザイン フォージド ウェッジ(52度、58度)
パター:オデッセイ オー・ワークス パター #1W
ボール:タイトリスト プロV1ボール

【関連記事】


Source:

稀勢、初日から連敗で休場危機…“一人横綱”無残、土俵下へゴロリ/九州場所(サンケイスポーツ)

 大相撲九州場所2日目(12日、福岡国際センター、観衆=6600)2横綱の休場に伴い、自身初の「一人横綱」となった稀勢の里(32)は平幕妙義龍(32)に寄り倒され、2連敗と早くも厳しい状況に陥った。横綱として11場所目だが、今場所を含め出場した7場所で連敗発進は初めて。初日に黒星を喫した4場所はいずれも途中休場に追い込まれている。早くも休場のピンチに立たされたが、救いはまだ序盤戦。課題修正の時間は十分に残されている。

 尻から崩れた稀勢の里が、横転しながら土俵下へ落ちた。腹ばい状態から立ち上がる様子を見守る館内に、座布団は舞わない…。

 自身初の「一人横綱」で2連敗。取組後に直行した風呂場から叫び声が上がった。その後、東の支度部屋では最後まで無言を通し、重たげな空気がまとわりついた。

 横綱昇進後、今場所を含め出場した7場所で初日からの連敗は初めて。初日に黒星を喫した4場所はいずれも途中休場に追い込まれており、連敗発進は「休場危機」といわざるを得ない状況だ。

 審判長として土俵下で見守った錦戸審判部副部長(56)=元関脇水戸泉=は「気持ちと体の歯車が狂っちゃっているね」。白鵬、鶴竜の2横綱が休場して「せっかく優勝するチャンスだったのに…」と嘆いた。

 それほど、失策が重なった。妙義龍の左差しを右から抱え込み、左の差し手争い。左脇を固めて出た稀勢の里だが、腰が高く巻き替えられてもろ差しを許す。辛抱できず、左から小手投げ。これが呼び込むかたちとなって一気に寄り倒された。八角理事長(55)=元横綱北勝海=は「我慢するところで投げを打って、自分を軽くしてしまった」。

 小結貴景勝にはたき込まれた初日の相撲は21秒4。この日も34秒2。連日の幕内最長タイムは慎重ともいえる半面、相手の動きに合わせているようにも映る。

 民間調査会社「ブランド総合研究所」による「都道府県魅力度ランキング2018」で稀勢の里の故郷、牛久市のある茨城県は6年連続の最下位だった。横綱は平成18年に「いばらき大使」に就任。29年度は県の魅力をPRするイメージキャラクターに起用された。

 県民性を重ねたキャッチフレーズ『ひたむき、まえむき、いばらき』と刷られたキャンペーンポスターが全国へ配布された。本人も「(イメージアップには)相撲に勝つことが一番」と気にかけていたが、自身の長期休場と重なってしまった。

 8場所連続休場明けとなった9月の秋場所では2桁の10勝を挙げ進退の危機を乗り越えたが、再び漂い始めた暗雲。実務を担当する茨城県・営業戦略部プロモーション戦略チームでは「困難な状況下にあっても常に正攻法。真っ向勝負を挑む横綱の姿勢にこそ県民のイメージが重なる。真の復活を願う」。

 取組を終えてから約2時間半後、稀勢の里は田子ノ浦部屋宿舎に集まった報道陣に「頑張ります」と笑顔を見せた。横綱の魅力が、今度こそ地元の魅力度も引き上げる。


Source: